まあそんなこともあるさデイズ

その名の通りのなんでもあり雑記。

等身大、ということ

最初の記事を書いてから四日が経ちました。

とりあえず三日書こうという誓い(安い)は果たされたかと思います。(-_- ))

 

そんなに見てもらえると思っているわけでもないのですが、ちらっとアクセス解析を見て「いちぃ!!?」と内心叫びました。笑う。

 

不特定多数に向けてネガみを垂れ流しにするのは良くないと考えて、自分の好きなものについて日々連ねていく予定だったのだが。だが。

 

よくかんがえなくとも素性もわからん興味もない人間の好み別に知りたくないよな~~wwwww

 

って真顔 (・_・)

 

自分ですね。思いのままに書いても、二日も経って見返すとえぇやっぱ違うくない??となってしまう傾向にありまして

そういう考えが強くなってきてからあまりだらだらと直感的なことを書くのはやめようと思うようになったのであります。

 

たぶんそのへんのバランス感覚のようなものは、人を惹きつける文章を書くような方でも苦労して養っていくものなんでしょうけれども。。

 

とにかくです。

もう少し自分と向き合い、自分を出した文章を書いていきたいなと思いました。

 

冒頭にも書いたんですが、素性のわからない人・モノって魅力を感じ得ないですよね。

っていうのはミステリアスでクールな人とか、表情の裏に何か隠し持ってそう・・!とかっていうのではなく(そういう人はまたいい味があります(?))。

 

例えば商品。アクセサリーにしましょう。

・でっかい会社が儲けるためにでっかい工場でどーーん!と量産して全国各地チェーン店で販売している安くて汎用的な品物

・自分が作りたいものを作り、それを誰かに手に取って喜んでもらいたいという思いを持った職人さん・アーティストさんがひとしなひとしな丁寧に心込めて手作りされた、ちょっと値は張ることもあるけどこだわりのある品物

 

または記事でもいいです。

・商業目的のためにかかれた、ありふれた文体、無味無臭、しいて言えばお金の匂いがする記事

・「好き」や「興味」の力で選ばれた話題について、書き手の個性がにじみ出すような言葉・表現で綴られている記事

 

その都度、目的によって必要なものは異なりますので一概には言えませんが、趣味としてみたり、それこそ「好き」や「興味」を惹くものを探してネットを散歩している多くの方にとっては、後者が魅力的に感じられるのではないかと思います。

 

私なんかはめっぽうそういうのに弱くて、「素敵だな」とふらっと立ち寄ったお店の方が「私が一人でぜんぶつくってるので」と仰る・・みたいなことがよくあります笑

そういう匂いのセンサーでもついてるんか!?っていうほど。

 

 

ハイ。たらたら書いてしまいましたが、人間そういう”匂い”に弱いんだろうというのはなんとなく短い人生生きてきて感じているので、私もそういう”匂い”を出すところからまず始めてみようかなと思います。あはは(乾)

 

ではまたすぐに!